のれん通販が行なうサービス

のれん通販を利用している人の中には、既製品を購入するつもりは
一切なくて、全て自分好みにオーダーした生地を求めている人も珍しくありません。

オーダーのれん

人気のあるショップではカラーデザインだけではなく、形状や生地の
厚みなども細かく設定しながら、自分好みの生地を作り上げる事が可能です。

一度はオーダーメイドサービスを利用して、室内の雰囲気を
一気に明るくできるような、魅力的な生地を作り上げてみてください。

既製品のデザインが気に入っているけれど、防火性能や防風性能で
満足できないという時にも、オーダーメイドサービスが役に立ちます。

気に入った既製品に近いデザインをオーダーしながら、防風性能などに
優れる生地を採用するだけで、機能面でも満足できる生地を作る事が可能です。

デザインは良いと思うけれど、サイズが自分の部屋と少し合わないという
生地を見つけた際にも、オーダーメイドで自分好みにカスタマイズしてみてください。

デザインに少し手を加えるだけでなく、名入れをする事で
オリジナリティを出す事もできます。

オリジナリティを出す

文字だけでなくイラストなども添えながら、美しいデザインを作り上げて
店先に飾り付けている経営者も珍しくないです。

イラストは単色ではなく複数の色を使う事も可能で、絵画のように
華やかなデザインに仕上げる事もできます。

どこまで難しいデザインをプリントする事ができるのか、のれん通販に
問い合わせをしてみてください。製造技術が向上している現在であれば、
複雑なデザインでも格安価格で作る事が可能です。

色彩調和を考える|PCCSの役割と活用法

良いデザインを作るためには、色のバランスを考えなければなりません。
その指標のひとつとなるのが、PCCSというシステムです。1964年に財団法人日本色彩研究所によって作りだされた
この仕組みは、人が色を自覚した時のメカニズムが考えられています。

数ある色の中でも青・黄・赤・緑の4つは心理四原色と呼ばれ、人が感覚として捉える色の基本であると考えられています。
一般的には青の補色は黄色ですが、心理的色相では異なり黄みのだいだいになります。

同じように他の3色にもそれぞれ補色があり、それを色の移り変わりに合わせて円周状に並べていくと、8角形ができます。
そしてそこからそれぞれ隣りに近づけた色を配置した24種がPCCSの基本円です。

この中のひとつの色を基準とした調和を作りたい場合は、複数色で等間隔を空けたり距離が近い物を選ぶなどの方法があります。

24という数字は2・3・4のどれでも割り切ることが可能なので、その作業を容易にしてくれます。
またその24種は調和の指標となるもので、そこに明度や彩度といった要素を同じように変化させても成り立ちます。

それを主に色調を表すヒューという英語とトーンという単語を合わせてヒュートーンシステムと呼びます。
この考え方は様々な場所で使用されています。

のれんの通販 名入れ  配色 隙間風 日光
 サービス デザイン オリジナル sitemap