デザインオーダー

「のれん」とは、店先や部屋の境界に日よけや
目隠しなどのために吊り下げる布のことです。

街を歩いていると、本来の目的も果たしながらも
お客様の目を引くデザイン性の高いものや、
メッセージ性の高い物を目にすることが増えたように感じます。

広告のような役割と、第二の看板といっても良いくらいの存在を感じます。

「のれん通販サイト」によっては、デザインもオーダーすることができ、
それに合わせて生地も選ぶことができる完全オーダーの
「のれん」を作成していただけるサイトもあります。

また、それに対して必要な、のれんの棒や重石まで注文できるという
まさに至れり尽くせりの通販サイトも存在します。

このような「のれん通販サイト」では、手染めでの作成ではなく
自由なデザインとお手入れがしやすい昇華転写捺染で製作されています。

それにより、オリジナル性の高い「のれん」がスピーディーに仕上がるのです。

昇華転写捺染の特徴としては、にじみが無く、写真やグラデーションのような
複雑なものも色鮮やかにプリントすることができますから、今までに無い
目を引く「のれん」が完成します。

送料

販売促進の要素も含まれている「のれん」の場合などは、コストもできる限り
抑えたいですから、送料無料で対応していただける通販サイトを探すと良いでしょう。

インターネットはこのようなお店を探すことも簡単ですから、
活用して低価格で満足のいく「のれん」をオーダーしてみてはいかがでしょうか。

 

【屋外広告に関するアンケート】多くの人の興味を引く広告の設置場所は?

街を歩いているとよく見かける屋外広告は、果たしてどれだけの人に見てもらって実際に効果があるのか、
それを調べることが課題になっています。

こうした調査は地道にアンケートなどをとって調べていくことになりますが、屋外広告を意識して
見るかという質問に対しては暇つぶし程度に見るというざっくりとしたものだけて約80%の人が
見る他、これを能動的に見るケースに絞ると約50%の人が見ると答えていることがわかります。

つまり、興味関心を引くようなものやビジュアル的に見ざるを得ないようなものを車内広告などに
していけば多くの人が食い入るように見るというわけです。

中吊り広告などを見ても見た目に派手なものが多く、文字が大きいのもそのためです。

では、どのような場所で興味を引く広告があるかですが、車内広告が約7割と多く、
次は駅構内やバス停と通勤通学で使う電車やバスなどの公共交通機関にある広告が強く、
街中にある広告は意外と弱いということです。

一方でこれらは都市部に在住するする人を対象にしたものであり、地方になるとこれは変わります。
車移動が多く、国道にたくさん並ぶ看板を見てもその傾向の違いは分かります。
住む場所で考え方は違うようです。

のれんの通販 名入れ  配色 隙間風 日光
 サービス デザイン オリジナル sitemap