名入れオーダー

 集客効果を高めるために、店先に大きな看板などを
掲げようかと考えている経営者の方々は、のれん通販の
名入れオーダーサービスについて調べてみてください。

大型の看板を作成しようとすると相当な費用が
必要になりますが、のれん生地であれば、オリジナルデザインを
作ったとしても、大したコストにはなりません。

のれん通販の名入れオーダーサービスは、店名を文字で
プリントする事ができるだけでなく、模様やイラストなども入れる事ができます。

イラストを入れる

魚介類料理を売りにしている飲食店であれば、魚などを
イラストとして入れておくだけで、遠くから見ても飲食店の
セールスポイントをアピールしやすいです。

イラストの模様がとても細かい場合でも、その模様の美しさを
損なう事なくオリジナルデザインの生地を作り上げる事ができます。

オレンジ色などの明るさを重視したカラーデザインにもできたりと
色合いも自分好みに決める事が可能です。

相談してみる

漁船が掲げている大漁旗のような、派手なカラーデザインをした
生地を作る事も難しくありませんから、まずはどのようなデザインを
作れるのか相談をしてみてください。

防火効果や断熱効果を持った生地なども揃えられていて
デザインだけでなく機能性でも満足できるのれん生地を作り上げる事ができます。

かなり横幅の広い生地も作る事ができるので、入り口がとても広い
飲食店であったとしても、のれん生地でお客さんを出迎える事は可能です。

耐久性とデザインの両方で満足できる、素敵なのれん生地を作り上げてみてください。

漁船に掲げる「大漁旗」の意味は?

大漁旗が用いられるようになった歴史は1651年に伊勢国桑名で行なわれたことに由来し、
漁民が漁に出た際に大量の魚が獲れたことを岸で待っている人たちにいち早く船から知らせるために
旗をあげたのが始まりといわれています。

船に旗を付けるようになったのは11世紀の船印であり、豊漁だった際の祝儀の一種で船主が
漁師たちに晴れ着である万祝の図柄を用いた旗を与えたことに由来をします。

その後、各船のシンボルマークとして船長たちの好みの図柄を用いた旗が掲げられるようになりました。

戦前までは無地で麻の生地で作られたシンプルな旗が主流でしたが、大漁旗という名前や現代のような
カラフルな模様で奇抜なデザインになったのは1960年代からです。

青森県八戸市にある漁港からはじまり、当時は「デコトラ」と呼ばれる電気装飾を施した
トラックがブームになっていた影響を受けて漁民にも派手な大漁旗が広まったといわれています。

デコトラブームとヤンキー文化が流行った1970年代には、全国的に大漁旗も広がり現在に至ります。

なお、現在の大漁旗の使われ方は大きく様変わりを行ない、漁に出向する際と寄港するときのみに
掲げられ漁の成果を知らせる役割は担っていません。

LAST UPDATE 2018/12/04 comment

のれんの通販 名入れ  配色 隙間風 日光
 サービス デザイン オリジナル sitemap